2006年12月08日

武士の一分

母に連れられ、映画 『武士の一分』 を見に行って参りました。
※母はそらもーキムタクの大ファンなので…

山田監督の時代劇三部作、「たそがれ清兵衛」は見たんですが「隠し剣 鬼の爪」は未見なんですよねぇ。まあ続き物というわけじゃないので、機会が有れば見てみようかと思うんですが。基本的にスカパー頼みで。

で、映画本編なんですが親子揃って恐ろしく涙腺弱いのでダラッダラ泣いてしまった。
壇れいさんの演じる加代がとても素敵だった。ドラマ等テレビでのお仕事を今のところされていないのもあって、先行イメージがないのもまた良かったんでしょうね。美しいとか上手いとか、それ以前に“切ない”感じというんでしょうか。素敵な女優さんだなぁと思いました。

↓以下は内容ネタバレなので伏せ。
てっきりアンハッピーエンドなのかと思ってましたがハッピーエンドでした。都合が良いと解釈する人もいるかもしれないけど、大きなテーマが夫婦愛なだけにハッピーエンドで良かったなぁと。(つかハッピーエンド大好きですし)
パンフレットを見ると原作では果たし合いの相手を殺しているのに、映画の方では殺していないというのもまた、“武士の一分”を表現するのに重要なポイントだったのかもしれないですな。
わざわざCGで蛍を入れなくても、と思ったんですが「蛍はもう出ているか」「(本当は出ているのに)まだでごんす」のセリフのためにあったんですな…加代ぉぉ!とか叫びたくなるシーンでした。加代さんみたいな奥さん超欲しい(何か間違っています)
桃井さん演じるウザい叔母さんは本当ウザくて面白かった。流石だ…そのまんまって感じもするし…(笑)木村さんは時折「キムタクだなぁ」という感じの部分があったかな。セリフ言い終わった後にフッて笑うところとか。
いや母がアレなのであまり語らないことにしておこううんそうしよう。

でも重い話のようで随所に笑い所もあるので飽きさせないお話でした。
とりあえず私は加代さんが素敵で素敵でそこばかり見ていた…(変)


さて、今日は早起きだったので早めに寝て色々…やらねば…
そういえば鋼新刊、もう自宅分届きました。早いよ通常仕上がりと同じ納期じゃんよ!?置くところがないよ!?などとテンパりつつ仕上がりはイイ感じですv
posted by マツモト at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/2093346
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック