2006年05月11日

舞台「ライアー・ガール」

スカパーの舞台チャンネルで…コレのために契約をひと月分だけしたのよ(笑)
小池栄子主演。もっとも私の目当ては森山未來なんですが…。

ラサール石井氏演出・脚本とあって随所に小ネタも効いて面白かったです。
未來のダンスについてはもはや説明するまでもない。
女の子ダンサーだけでイイであろうシーンにまで彼が出ている辺りが…。そして女の子よりよっぽど踊り方がエロい辺りが…(やかましいよ)
主演の小池栄子もオヤジ演技を器用にこなしているなぁと。そして胸でかいなぁと(お前がオヤジだ)
シチュエーションはよくあるパターンだし、展開も微妙にご都合ではあるけども、誰でも小気味よく見られるコメディというのはかえって難しいのよね。終わり方は良すぎず悪すぎず平和な終わり方で良かったし、舞台装置をうまく使っているなぁと…出演者が多いシーンでも、ほぼ全員が何をしているのか見えたり、メインのシーンを演じている演技者がちゃんと見やすくなっていたり、いろいろ工夫も凝らされていて奥深いものになっているかと思います。
……場面によって、ああ寄りで見られて良かったーな所とああ実際に劇場で見たかったーなシーンとがあって色々惜しい。
あとは入り口までが長かったかな。伏線になっている部分はあっても、小池栄子が本格的に登場するまでが長かったので。……これ漫画でもよく指摘されるんだよなー(入り口までが長い)

――さておき。とにかくわざわざ月額の契約料を払っても見る価値はあったのではないかと。
でもさすがに舞台の料金(大体5000円以上)払えるかと聞かれるとやっぱり唸る…。私はまだまだ舞台演劇というモノの良さが分かっていないのかもなぁ。
posted by マツモト at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/674747
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック